no-image

チャットレディって危険なの?ライブチャットの危険性と安全な仕事方法

「チャットレディを調べてみると危険ってワードが出てくる…」
「チャットレディって安全に働けるのかな?」

とチャットレディをやってみたいけど危険性があるのか? 安全に働けるのか? ということは絶対に気になるポイントですよね。

この記事ではライブチャットやチャットレディが安全に働けるかどうか、どういう場合に危険な目にあってしまうのかということをまとめています。

安全性が気になってチャットレディ応募に悩んでいる方は是非ご覧ください。

チャットレディは危険なのか?

チャットレディに限らず夜の仕事でも言えることですが、お客さまが男性のため個人情報を知られてしまうとストーカー行為の被害を受ける可能性は考えられます。

基本的にチャットレディ事務所はチャットブースの場所を公開していないため、自らお客さまにブースの場所を話すことがなければバレることはありません

また、SNSアカウントやLINE ID、電話番号やメールアドレスといった個人的な連絡先の交換はライブチャットのサイト側の規約にて禁止されているので原則お客さまから聞かれることもありません。

しかし、中には規約を破ってまでも連絡先交換を迫ってくるお客さまもいるため、個人情報や配信場所に関してはお客さまに知られてしまわないように細心の注意を払う必要があるでしょう。

ライブチャットの危険性は低いが気を付けることは多い

自宅でチャットをする在宅チャットレディの場合は配信する場所に気を付ける必要があります。

たとえば、カーテンが開いている状態で家の外が映ってしまっていると外観などからある程度の自宅の場所を特定される可能性がありますし、部屋全体を映してしまうと間取りを知られることで、賃貸住宅情報サイトなどから家の場所を探されてしまう可能性もあるでしょう。

自宅でチャット出演をするときにはできるだけ一箇所に留めておき、家の全体像や間取りなどがお客さまに知られてしまわないような工夫が必要です。

執拗に連絡先の交換を迫ってくるお客さまに関してはライブチャットサイト側で対処してもらうことができますので、少しでも困ってしまったらかならず事務所スタッフに相談するようにしましょう。

まとめ:チャットレディは安全に仕事ができる!

ある程度の自己防衛策は必要になりますが、基本的なことさえ抑えておけば他の高収入アルバイトよりも圧倒的に安全に働くことができます。

キャバクラやガールズバーなどの水商売、デリヘルやソープなどの風俗はお客さまと対面しての接客となりますので、どうしても尾行されてしまうと自宅を特定されてしまう可能性がありますよね。

チャットレディはインターネットを通じてのお仕事のため、自分がしっかりと気を付けていれば絶対にチャットブースの場所や配信している自宅の住所がバレてしまうことはないのです。

安心安全に稼ぐためにも、最低限のルールは守ってお仕事をするようにしてください。