no-image

チャットレディは出演映像をスクショされることはある?誰も言わない事実

チャットレディはインターネットを通じて全世界に向けて映像を配信するお仕事です。

アダルトな内容も含まれる可能性のあるチャットレディですが、お客さんにスクショされるかどうかってすごく気になるポイントですよね。

結論からいうと、スクショされる可能性は大いにあります。

しかし、スクショを回避したり、スクショを撮られてしまったときの対応法をここで紹介させてもらいますので、チャットレディをはじめようと思ってるけどスクショの心配がある方はぜひ読んでみてください。

チャットレディのスクショは普通に撮られる

本来サイト側でのルールとして、チャット映像のスクリーンショットを撮影することは禁止されています。

しかし、これはサイトのルールの話で法律に違反しているわけではありません。

それに、スクリーンショットを撮影したかどうかをサイト側で判別することは技術的に不可能ですし、チャットレディはスクショされる可能性もあるんだと割り切ったほうが精神的に楽になるでしょう

もちろん気分の良いものではありませんが、チャットレディをやるのは「お金を稼ぐこと」が目的のはず。

スクショを撮影されたことで身バレに繋がったり、売上が下がったりすることはなんとしても避けなければなりませんが、お客さんが個人的に保存しているものに関しては気にしないようにすることが一番です。

「それでもスクショは許せない!」

と思われる場合は、以下をご覧ください。

チャットレディのスクショ対応方法

顔出しをせずに出演する

ノンアダルトチャットは顔出しが必須となっていますが、アダルトチャットは顔を出すのも隠すのもあなたの自由です。

顔を出さずに出演していればスクリーンショットを撮影されたところで、あなたかどうか判別することは絶対にできませんよね。

チャットレディをしていることを100%確実に隠しておきたいのであれば、顔を出さない出演方法が良いでしょう。
(顔出しをしない出演者は、顔出しの出演者に比べるとどうしても売上は落ちてしまいます)

アダルトな内容のときは顔を伏せるか、画面外に移動する

「売上はできれば落としたくないけど、スクショを撮られるのもちょっと…」

こういう場合にオススメなのは、アダルト内容のときにだけ顔を隠してしまうという方法です。

たとえば、

  • 胸が映っているときには顔を一緒に映さない
  • オナニーをするときは画面から顔を外す、伏せる

といった方法です。

普通にお話をしているだけの段階だと、お客さんもスクショを撮るなんてことは通常考えられません。

スクショを撮るのはエッチなシーンを保存しておきたいからなんです。

それなら、アダルトな内容のときだけでも顔を隠したり、伏せたりすればスクショをある程度防ぐことはできますよね。

頻繁にお客さんの名前を呼ぶ

頻繁にお客さんの名前を呼びかけていれば、スクリーンショットや録画をされたときにユーザーを特定できるため、犯人たちは嫌がります。

一定時間毎にお客さんの名前を呼びかけるのも、スクショや録画を防ぐための対策としては有効です!

悪質なお客さん以外の普通の人たちにとっては、名前を呼ばれるのは嬉しいので、結果として売上アップにも繋がるはずです😊

さいごに

録画やスクショをお客さんが個人的に楽しむために保存するのは、チャットレディという高収入アルバイトをしている限り仕方がないものだと割り切るのは大切なことです。

ただ、問題となるのはスクショや録画をどこかネット上にアップロードされること。
もちろん、本人の許可なくインターネット上にアップロードする行為は違法となり、許されるものではありません。

一度ネット上にアップされてしまうとできるだけ早く対処しなければ、他の誰かにダウンロードされて、さらに広がってしまうことになります。

ですので、ネットにアップロードをされてしまった場合は、いち早くアップロード先のサイト運営者に削除申請を出して消してもらう必要があるんです。

出演先のライブチャットサイトに依頼すれば削除申請を出してもらうこともできますが、対応は少し遅いかもしれないと覚悟しておくほうが良いでしょう。

大阪チャットレディ求人のプリンセスは定期的に違法サイトを巡回し、削除申請を出してくれるようですので、気になった方は一度問い合わせてみてもよいかもしれません。

チャットレディはある程度の注意点を守りながら出演するようにしましょう!